スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のDNAで・・・

今朝のニュースで

犬のDNAを調べて訓練に向きか不向きか分るようになったという


調べていたのは、盲導犬のDNAだったが、

災害救助犬のDNAとしてファーナの血液を提供しようか?


DSC_7556.jpg




災害救助犬としても良い成績


L1010508.jpg



どころか、、、私の知る中では最年少で世界大会へ行ったし家庭犬としても

L1010492.jpg



「こんな大人しいシェパード居ませんね!」という性格だ。





IMG_3602.jpg


若くして芽が出るということは
寿命の短い犬にとっては、何年も訓練をしてあっという間に引退だ、、、などという悲しいことが無い。





ファーナの兄弟が全て良かったというわけではない、、
何故か災害救助犬として適合したのだ。
また、IPOの先生も、、、


DSC_7487.jpg




もし、ファーナがIPOを訓練していたらいいところまで行ったに違いないと、、、




DSC_7511.jpg



ねえ、ファーナ?


人の役に立つために生まれてきたんだから

提供してみる?






テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

採血かわいそうやけど

解析は役に立つから

ファーナちゃんに我慢してもらう?

Tadaapiさんへ

無駄な訓練しなくていいもんね、、、

警察犬やのに、ピストルの音で逃げ出す犬も居てたし
救助犬やのに人見たら唸ってる犬も怖かった。

ま、それより本当は先に日本として国から救助犬を
送れるようにしなあかんけど、、、
プロフィール

はくじゃ

Author:はくじゃ
IRO国際救助犬ファーナ
を溺愛しているパパと3人暮らしです。



過去のブログはリンクの「どらちゃん日記」からご覧ください

リンク
最新記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。